花工房NANAブログ

川崎でフラワーアレンジメント

http://www.hanakoubou-nana.com/img/mm01_on.gifhttp://www.hanakoubou-nana.com/img/mm02_on.gifhttp://www.hanakoubou-nana.com/img/mm03_on.gifhttp://www.hanakoubou-nana.com/img/mm04_on.gifhttp://www.hanakoubou-nana.com/img/mm05_on.gifhttp://www.hanakoubou-nana.com/img/mm06_on.gif

青いキクが誕生

昨日のニュースですが、農業・食品産業技術総合研究機構サントリー

共同開発により茨城県つくば市にある筑波実験植物園で

11月15日~24日まで初めて一般公開されることになったそうです。

f:id:hanakoubou-nana:20141114180119j:plain

青いキクと聞いて、真っ青なブルーを想像したのですが

どちらかというと紫に近いお色なんですね。

農業・食品産業技術総合研究機構の花き研究所とサントリーが7年かけて

開発したというこの青いキク

自然界には青や紫といった青色系のキクは存在しないのですが

キキョウ科の花カンパニュラから青色色素「デルフィニジン」を作る遺伝子を

取り出し、赤色系のキクに導入することで実現したそうです。

 

サントリーといえば、酒造メーカーで有名ですが

お花の遺伝子組み換え研究も盛んに行っており、

花き業界では老舗中の老舗なんです。皆さん見た事ありませんか?

青いカーネーションムーンダスト

 

f:id:hanakoubou-nana:20141114181155j:plain

こちらもサントリーが開発した、お花なんですよ。

そして青いバラ アプローズ「喝采」という意味だそうです。

f:id:hanakoubou-nana:20141114181735j:plain

 

私もムーンダスト、アプローズどちらもアレンジで使ったことがありますが

妖艶な魅力のあるお花でした。

国産のバラにしては、花びら一枚一枚が肉厚で大輪なので

食卓やリビングに一本花瓶に活けるだけで、とても絵になるお花ですよf:id:hanakoubou-nana:20141107060155g:plain

 

 

これからの時期、お花屋さんで見かける機会も多々あると思います。

ぜひ、お買い求めになってみてはいかがでしょうか?